逆光対策標識

逆光対策標識-01
逆光対策標識-02

・反射式の従来の性能を損なうことなく、朝日、夕日の逆光時において、ドライバーに対して標識の視認性を確保する標識です。

逆光対策標識(切り文字部透過方式)の原理

逆光対策標識(切り文字部透過方式)の原理

・標識標示面の文字等の白色部分を切り文字加工し、裏面より透過性のある反射シートを貼り付けた透明メタクリル樹脂板をあてがい、その部分より逆光時に太陽光を透過させ運転中のドライバーの視認性を確保します。

逆光対策標識-BSDS-逆光状況診断システム

 BSDS-ビスダスとは【Backlight  situation  diagnostic  system】の略語です。

 このシステムで標識設置位置付近の年間の逆光状況を診断した資料を作成できます。

 逆光対策常識の必要性を事前に判断する事ができます。

ご依頼に関してのQ&A

Q1. どこから依頼するのか?

A1. 直接、弊社へのお電話にてご依頼を頂くか、または、当社ホームぺージよりお問合せ下さい。


Q2. 必要な資料はなんですか?

A2. 標識設置位置付近の緯度・経度が確認できる資料と道路平面図をご用意ください。


Q3. 成果品の納期は?

A3. 診断箇所数にもよりますが、約1週間~約2週間程度です。

診断箇所の太陽の軌道図とグラフ

◆ 診断箇所の太陽の軌道図とグラフ

診断箇所の年間の逆光状況

◆ 診断箇所の年間の逆光状況